Uncategorized

LOGICOOLマウスレビュー MX Master 3、MX Anywhere 3 比較

信頼性の高いマウスメーカーといえば個人的にはLOGICOOLさんだと思います。
そんなLOGICOOLの高級ハイエンドマウスのMX Master 3とMX Anywhere 3を購入しました。
先にMaster 3を買ったのですが、あまりにも良くてAnywhere 3も買ってしまいました。両方ともすごくいいマウスです。

MX Master 3

Anywhere 3

by カエレバ
by カエレバ

LOGICOOLのマウスを使いたいと思っている方、MX MasterとMX Anywhere、どちらか購入検討されている方もいると思います。参考にしていただければと思います。

MX Master 3 MX Anywhere 共通仕様

まず最も特徴的な仕様なのがスクロールホイールです。
他社が真似できない、LOGICOOLさんの技術の粋が集められた仕上がりになっております。

LOGICOOLさんの説明によると、
MagSpeed電磁気スクロールは、1ピクセル上で停止できるほど精確で、1秒に1,000行スクロールできるほど高速。
また、非常に静か。ホイールの機械加工されたスチールは、ノイズなしに、優れた触知性と、動的な慣性の感触を提供します。
とのことです。

メタルの質感で、硬くて冷たくてとても高級感があります。
いつも触っていて、無駄にクルクルと触りたくなってしまいます。
これを触っているだけで幸せを感じてしまいます。
それくらい良い物だと思います。

電磁気スクロールのMAGSPEEDホイールにはラチェットモードとフリースピンモードがあります。
ラチェットモードはカリカリとした感覚のスクロールホイールです。安っぽくない、上品な感覚です。スクロールさせて、ホイールから指を離してもしばらくクルクル回り続けます。
フリースピンモードは引っかかりの無い、無段階のスクロールホイールです。こちらもスーパー滑らかな感覚です。
モードシフトボタンを押すとラチェットモードとフリースピンモードを切り替えることができます。
ラチェットモードで、MAGSPEEDホイールを高速でクルクルするとフリースピンモードに切り替わります。

4000DPIというセンサー解像度で、ガラス面でもトラッキング可能だそうです。

bluetoothとUSB Unifying接続のワイヤレスマウスになっていて、充電はUSB-Cです。満充電で70日、1分充電も3時間使えます。

MX Master 3の方が多ボタンですが、機能は基本的に同じです。
本体裏には接続先を3台まで登録して切り替えられるボタンがあります。LOGICOOLデバイスの設定が可能なLogi Optionsをインストールして各ボタンの機能割付などを行います。

FLOWという機能も使えます。Logi Optionsをインストールして、同じネットワークに接続したMacとWindows間で、シームレスにマウスポインタを移動できます。また、異なるOS間なのにコピーペーストもできます。すごく便利な機能だと思います。
現状でiPad OSにはLogi Optionsのアプリが無いのでFLOWには非対応です。非常に残念です。LOGICOOLさん、せっかくfor Mac版をリリースしているので、FLOWをiPadにも対応してほしいです。

私は会社ではMX Master 3を会社で使っています。
大きくて重めですが、安定した操作ができます。
独特なフォルムですが、メチャカッコイイです。
ExcelなどのMicrosoft Office系のソフトでサムホイールを使用した横のスクロールが便利です。

MX Anywhere 3を自宅で使っています。
小さくて軽いので素早く正確に操作できます。
マウスポインタをガンガン移動しても疲れにくいです。
カバンに入れて持ち歩いても邪魔になりにくいです。
私はMX Anywhere 3の方がトータルでは好みです。

Logicool マウス MX2200SSG
posted with カエレバ
楽天市場で探す
Amazonで探す
価格.comで探す

Logicool MX Anywhere 3 for Mac マウス MX1700M
posted with カエレバ
楽天市場で探す
Amazonで探す
価格.comで探す